カナガンの口コミ評判を分析

昨今、グレインフリー(穀物不使用)のカナガンドッグフードが人気ですが、「カナガン」や「カナガン 口コミ」で検索して調べても、良い口コミやメリットばかりで、「本当に大丈夫か?」と迷ってしまう方も多いと思います。そこで、このカナガンについての数少ない「悪い口コミ」や「悪いの評判」を含め、「カナガン」についてまとめみようと思います。

まずはカナガンの悪評で、代表的な口コミをご紹介します。
・ ニオイがキツイ
・ なかなか食べない
・ カナガンを食べて犬が太った
・ 一般のドッグフードより価格が高い
・ ステルスマーケティングだから信用性がない
カナガンについては、悪い口コミ評価などの評判を聞くことは少ないですが、悪い口コミ評判の中から分かった事は、「ステマ?」「食べない」「ニオイがちょっと」という意見が多いです。これらの代表的な悪評を分析し、まとめた内容をご紹介します。

カナガンのニオイがキツイ

基本的にドッグフードは私たち人間にとってはいい匂いではありませんが、無添加でグレインフリーのカナガンドッグフードは、かなり強烈なニオイがします。
カナガンは人口添加物を使わず、保存料として天然のハーブを使用。
犬の体に害のある添加物は一切使用していませんので、主原料のチキンとハーブのニオイが特徴的な強いニオイがします。ただ犬と人とでは、嗅覚の違いもありますが、犬は添加物いっぱいのドッグフードよりも、カナガンなどのような余計な添加物がなく、あえて原材料の素材そのままのニオイの方が比較的好みます。
そしてカナガンだけニオイがキツイのではなく、プレミアムドッグフードと位置づけされている物は、良質な原材料を使用しており、また合成添加物も必要最小限にとどめているため、すべてにニオイがあります。
逆に、いい香りのするドッグフードは、不要な添加物で香りづけされている可能性がたかいという事にもなります。
・カナガンドッグフードは食べてくれない・よく食べ残す
ドッグフードの切り替えが頻繁にある場合、犬の体内ストレスにもつながりますので切り替えが多すぎる場合は注意してあげましょう。ドッグフードの切り替えは、特に悪いという事はないですが、犬の様子を見ながら、3カ月から半年に1回は切り替えるという方もいます。

今までのドッグフードの原材料などに、香味料や粗悪な添加物が入っていた場合や逆に全くニオイのない場合でも、食べてくれなかったり食べ残しが多かったりカナガンに慣れるまで時間が掛かる場合もあります。

特にカナガンなどのプレミアムドッグフードの場合は、新鮮な原材料をそのまま使っていることが多いため、ニオイや味の変化も大きく犬も警戒してしまいやすいです。せっかく体に良いドッグフードを買ったのに、食べてくれず途中で諦めてしまうともったいないので、カナガンに切り替える場合は、食べ慣れたフードにカナガンを少しずつ混ぜ、ゆっくり慣らしていくようにした方がいいです。

カナガンに切り替えてから、犬が太ってしまった

カナガンは新鮮で良質な原材料使用しているため、とても栄養価が高くタンパク質も豊富なドッグフードです。
そのため、今まで与えていた市販ドッグフードの感覚で給与量を行ってしまうと、栄養の取り過ぎとなって太る原因になります。
せっかく犬の体にいいものを与えているのに、肥満となってしまってはいけませんので、カナガンの袋裏面にある体重別の給餌量を参考に給与量を調節してあげて下さい。

一般のドッグフードに比べてカナガンは高い

カナガンの価格は2kg約3,960円(公式サイトより)〜ぐらいが相場となってしまいます。
1kgあたり2,000円と、市販のものと比べると結構な金額です。
カナガンの特徴は、新鮮な肉(鶏肉)を豊富に使用し、人口添加物など粗悪な食材と穀物を使用しないこだわりのドッグフードとなります。
1kg2000円以上とはかなり高い印象を受けますが、カナガンと同じだけの栄養価・品質の原材料を毎日与えるのはとても手間とお金がかかります。
この高品質をドッグフードという手軽さで与えられるものは他には中々ないと思います。
また、一般のドッグフードより少ない量で犬に欠かせない動物性タンパク質などをしっかり補うことができるため、トータルのコストにおいてはお得だと思います。

カナガンはステルスマーケティングなのか?

ステルスマーケティングとは、やらせ投稿や匿名を利用した自社製品の良いクチコミの投稿(消費者のなりすまし)など、広告や宣伝と思わせないように、いろいろな方法や装いをして宣伝広告を行うことです。
「カナガン」や「カナガン 口コミ」で検索して調べても、良い口コミやメリットばかりで、本当に大丈夫?と思うことはあると思います。カナガンの場合はアフィリエイト広告でステマとは違います。ニオイがキツイ・なかなか食べない・カナガンを食べて犬が太った・一般のドッグフードより価格が高いという悪い評判への分析で、ちゃんとした理由があり良い商品という事は分かって貰えたと思います。本当に悪い商品の場合は、アフィリエイターから見向きもされませんし、悪評だらけになると思います。
また、カナガン購入前の不安や心配な方には、公式サイトより電話でのサポート体制表示があるので安心です。

株式会社レティシアン
ホリスティックケア・カウンセラー問い合わせ先は
電話 0570−200−012

カナガンの良い口コミ評判

たくさんある良い口コミ評判を見てもらえば分かるように、添加物の多い市販のドッグフードから、安心で栄養価の高いカナガンに切り替えていく事で、大切な犬の健康的な体を維持でき飼い主にとっても犬にとっても安心で安全なドッグフードだと言うことお分かり頂けるかと思います。

たくさんのカナガンの口コミ評判、評価されているポイントをまとめました
カナガンは穀物不使用でアレルギー体質が改善(心配がない)
カナガンでお腹の調子が良くなった(毎日綺麗な便がでるようになった)
グレインフリーで穀物アレルギーの犬にも安全
カナガンを使っている飼い主は、原材料・成分でも安心感があるようです。
・カナガンの原材料や成分

原材料
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

成分分析値
粗たんぱく質 :33.00% 脂質:17.00% 粗繊維:3.50% 粗灰分:9.00% 炭水化物:32.50% 水分:8.50% オメガ6脂肪酸:2.80% オメガ3脂肪酸:0.90% カルシウム:1.86% リン:1.42%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal
・カナガンの原材料は何がいいのか?

カナガンが一番こだわっているのは、市販で売られているドッグフードに含まれる穀物は肉食の犬にとって、完全に消化できず栄養価地がありません。そこで栄養士がタンパク質・脂質・炭水化物の配合を見直し、犬本来の食生活に近い肉類を豊富に使うことで良質な動物性タンパク質を摂取することができることです。動物性タンパク質であるチキンと野菜・ハーブなど犬が栄養を摂取できるものだけを厳選しています。
また、EPA・DHAなどのオメガ3脂肪酸ご豊富なサーモンオイル、グルコサミンやコンドロイチンなどの骨や関節の健康も考えられているため、子犬からシニア犬まで最適な栄養素をしっかりと吸収することができます。
さらに、国際規格SAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認められた安心の施設で、二回の厳密な品質テストをクリアしたドッグフードのみが商品として出荷されます。

カナガンドックフードの総合評価

カナガンの悪い口コミでは「金額が高い」の他に、香料など添加物を使用していない素材本来のドックフードなので、人間にとってはそのままのニオイが気になる方がいることがわかりました。また、カナガンに限った事ではありませんが、急にドッグフードを切り替えてしまうと嫌がる犬もいます「買っても食べない」という事にならないように、慌てずじっくりと時間をかけて切り替えてあげる事も大切です。

カナガンは、穀物不使用にこだわって犬本来の食生活に近い肉を多く含み、人口添加物を使わずに必要な新鮮で良質な動物性タンパク質が豊富なところと野菜やハーブなどで犬の栄養バランスを実現しているところが優れています。
子犬やシニア犬にも食べやすい小粒で、関節・毛並み・毛艶に良いサーモオイルや骨・関節によいグルコサミンとコンドロイチンも豊富に配合されていて、あらゆる犬種やライフステージに対応できるおすすめのドッグフードです。

投稿日:

Copyright© カナガンの口コミからわかった与えるべき質のいいドッグフードとは? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.